(リーバイス)Levi’sORIGINAL501FITレギュラーストレートジーンズデニム

(リーバイス)Levi'sORIGINAL501FITレギュラーストレートジーンズデニム ジーパン

(リーバイス)Levi’sORIGINAL501FITレギュラーストレートジーンズデニム

メイン素材:綿

商品紹介ジーンズ生誕140周年、501が変わる。ブルージーンズ誕生から140年の時を経て、ジーンズの新たな時代が幕を開ける。リーバイスの永い歴史の中で築き上げた5ポケットというクラシカルな意匠はそのままに、オリジンである501はモダンなストレートへと進化を遂げる。モダンストレートという完成されたプロポーションで永遠のロットナンバー501は世界中で革命を起こす。12.5ozのCone製デニムを使用した501。コーンミルズ社の文献に残る1909年製の極濃色インディゴをイメージして作り上げた、XXX9デニムのアップデートバージョンを使用。経糸に異なる太さの糸をミックスしたデコボコ感のある表情が特徴的で、デニムの原点を思わせる、穿き込むほどに味わいを増すスペシャルデニムとなっている。501(2013モデル)の特徴:・ウエストが広がり、すっきりとしたヒップ周り・バックポケットの開口が大きくなり、利便性アップ・膝から裾にかけて、スリムになり、よりモダンなシルエットにブランド説明今から約150年ほど前、米国が開拓時代の真っただ中だった1853年に米国リーバイ・ストラウス&カンパニーが設立。創業者、リーバイ・ストラウスの名前を冠して「リーバイス」というブランド名がつけられたジーンズは、19世紀に誕生し、20世紀に大きく育ち、そして21世紀を迎えた。時代を越えて人々に愛される、永遠のマストアイテム。それがリーバイスジーンズである。ブランド紹介『LeviStrauss&Co.』は、1853年、リーバイ・ストラウスがサンフランシスコに開業。ネバダのテーラーヤコブ・デイビスと共に、キャンバス地パンツのポケットをリベットで補強したウエストオーバーオールを開発、1873年に『リベットによる衣服の補強法』の特許を取得。これがすべてのジーンズの原型となりました。その後ワークウェアの枠に留まらず、1960年代には若者を中心にファッションとして受け入れられるようになります。現在は当時のジーンズの復刻版や新しいコンセプトで作られるデニムなど多彩なアイテムを創出しています。

(リーバイス)Levi’sORIGINAL501FITレギュラーストレートジーンズデニム口コミ評価

長い間3千円のジーンズをいくつか履いてましたが、これからも履き続けるならもう少しちゃんとした物を買おうと思い辿り着きました。ちなみにleeの201も同時に購入しております。一目見た感想は、最初からカッコイイです。完璧に加工されており、着古した感があります。着心地も悪くはないですが、leeの腰全体を包み込む感じはありません。比較すると股上が浅いです。太すぎないかと心配でしたが、ユニクロのチノパンレベルで普通のストレートです。当方171cm72kgのメタボですが、32ではキツく、33でジャストでした。ワンウォッシュのため縮みも無いと決めつけ、使用前に少し長い裾をカットする予定です。今後使用感に変化があれば追記します。

501履いた事ある方は日本サイズの表記は気にせず、いつも通りのインチを選んで間違いないと思います。初めての方は一度ショップで試着してから自分に合うサイズを探して購入した方が良いです。

サイズ感について色々書かれていますが昔ながらのサイズ感でした。色はCRISPYRINSEを選択したためボタンフライは固いです。早く馴染みますように…。昔はフィリピン製でしたがこちらは中華製。昨今の大手デニムメーカー全判に言えることですが、値段は上がっても縫製やボタン・リベット類の品質は下がってます。今回は価格も下がったタイミング+15%オフクーポンでさらにお安く購入出来たため良いお買い物ができました。

僕のいちばん好きなジーンズ501ありがとう。色よし足全体の守りよし動きやすさ抜群ただし選ぶサイズは最低でも普段のワンサイズ上にした方が良い。価格は12000円高く感じても思いきって買ったらどうかな。時間とともにこうかいしないよ

(リーバイス)Levi’sORIGINAL501FITレギュラーストレートジーンズデニムはこちら

タイトルとURLをコピーしました