Russell×aozora コーチジャケット

Russell×aozora コーチジャケット

Russell×aozora コーチジャケット説明

[生産国]: 中国[素材]: 表地(ナイロン 100%)身頃裏(ポリエステル 100%)袖裏(ポリエステル 100%)中わた(ポリエステル 100%)[洗濯情報]: 手洗いSIZE:L ゆき丈:87cm 身幅:59cm 着丈:70cmSIZE:M ゆき丈:86.5cm 身幅:58cm 着丈:67.5cm

“RUSSELL ATHLETIC”ボディを採用した 《RUSSELL ATHLETIC×AOZORA》シリーズ。 光沢感のあるしっかりとしたナイロン生地のラッセルアスレチックのコーチジャケットをボディに採用。裏地は柔らかいボア仕様のため身頃裏は暖く、袖裏はポリエステルサテンで滑りがが良い生地感にダイヤキルティング。もちろん、寒い冬にも十分対応できます。 胸と背中の蓄光シートプリントによるモチーフは、それまで直立的なスタイルだったスケートボードにサーフィンのライディングテクニックを取り入れ、トリッキーなスポーツへ昇華させ、スタイルやファッションなど現在に通じるカルチャーを作り上げた70年代のレジェンドSK8チームをオマージュ。 ※蓄光シートプリントとは、自然光や人工光を蓄えて、暗闇になると発光する特殊プリントになります。 【RUSSELL ATHLETIC (ラッセルアスレティック)】 1902年、アメリカ、アラバマ州 アレキサンダー・シティで、ベンジャミン・ラッセルによってスタートしたラッセル。 1920年代初頭に世界で始めてスウェットシャツの原型を作り、1938年には世界初のラバープリントを開発。(現在のアメリカン・ラバープリントの原型) その後、その技術を使って全米のスクール、カレッジのユニフォーム、各校のブックストアに学校の名前、ロゴが入ったスウェットシャツを普及させました。 1980~90年代にはアメリカのプロスポーツ(NFL・MLB)などとサプライヤー契約を結び、ラッセルの「R」マーク(イーグル・R)を全米に根付かせました。 「アメリカ人の自宅のクローゼットには、意識せずともラッセルのウェアがある。」と言われるほどの名ブランドです。

Russell×aozora コーチジャケット口コミ評価

Russell×aozora コーチジャケット画像

Russell×aozora コーチジャケット

Russell×aozora コーチジャケットはこちら

タイトルとURLをコピーしました